×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

その他;

花屋開業に関する本の紹介

フラワーアレンジの試験に関する本の紹介


他にも花に関する本をAmazon.comのホームページより持ってきてます。
いいものがあったらここから買うことができます。探してみてください。













ヨーロピアンフラワーデザインテキスト
久保数政&ガブリエレ・ワーグナー


 現在行っているフラワーアレンジメントレッスンの教本です。
 ドイツのヨーロピアンデザインで有名なGワーグナーは理論もしっかりしています。
 少しアレンジメントを勉強した人が読みたい本です。
 (もちろん私が使っているのですから、初心者にも十分勉強になります。)
 参考までにもう一冊紹介しておきます。

  →ゲシュテック&シュトラウス
花の色合わせマニュアル

 こちらも昔買った本ですが、偶然にもGワーグナーの本でした。
 色に関する本ですが、自然の花の色を主体にしていますので応用が効き、
 花ビラ以外の部分の色のことも考慮してアレンジを作ろうという考え方が
 参考になりました。色の勉強をするにもOK。
花に強くなる(別冊家庭画報)

 花を種類別に分けて、それぞれの花のことを詳細に書いてくれています。
 「今どきの人気花が知りたい」と書いてあるだけあって、最近の花に詳しくなれそうです。
 後半にはアレンジについてや最近のフラワーショップに関しても書いてあり、
 花屋の今をのぞけます。 
超ビギナーのためのフラワーアレンジ基礎レッスン
 
 初心者には超お薦めの本です。私もこの本から入りました。
 最近は表紙が変わって改訂版が出ているようですが、
 内容は変わらず分かりやすさNo.1です。

 
 お薦め!!
 
ひとりで学ぶフラワーデザイン
 
 アレンジの基礎の基礎が分かりやすく載っています。
 これでアレンジメントの基礎を勉強してから、講習などを受けたら
 分かりやすさも違うのではないでしょうか。
 少々前の本ですが、基本です。
 (どこに講習に行ってもアレンジメントはまず基本から入りますからね。)

babyflower 所有の花の本(アレンジの本)を感想とともに
数点紹介します。

2004(C) babyflower All rights reserved.