×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フラワーアレンジメントの基礎を学ぼう。

★ 道具に関する基礎知識
まず基本の基本で道具について紹介します。

フローリストナイフ【florist knife】
 慣れれば花バサミよりも使いやすいです。花屋さんもこちらをよく愛用するようです。
 正しい使い方は図のように、葉を手前に向けて茎との角度を20〜30度に固定しながらわきをしめてはさみを手前に引く。同時に茎を持ってる手も少し向こう側に引けば軽く切れる。
 一番大事なのは使った後はふいて、さびを出さずに切れ味をよくしておくこと。

           

花ばさみ【floral scissors】
 細い枝から太くて硬い枝まで自在に切れます。花が水を吸う導管を押しつぶさないように、切れやすく手入れしておいて、切るときはスパッと!!ポイントは茎を斜めに切って水の吸い上げ部分をなるべく多くすることです。

 

吸水性スポンジ【floral foam】
 花を挿すベースとして利用します。吸水させるときは水に浮かべて自然に沈んでいくのを待ちましょう。無理やり水の中につけたりすると、表面だけ吸水して中まで水が入っていきません。
 使用するときは適当な大きさに切って使います。一度使ったものは吸水しにくくなりますので再利用しないようにしましょう。水を切って不燃ごみへ。(左)
 右側のものはブーケ用のホルダーです。吸水性スポンジが緑色の部分に入っています。吸水させるときは同様にゆっくりと自然に吸水するのを待ちましょう。


             

●フラワーアレンジメントのトップへ
2004 (C) babyflower All rights reserved.